すべてのおすすめ
 
八重桜

そこで枯れていくのか

{ルビ雪洞=ぼんぼり}もとうにないその公園で


 
 
ものに名をつけるのは ひとの営み

ときに名をつけるのは ひとの奢り

ことに名をつけるのは ひとの悲しみ



  
 
おんなじ言葉でも 微妙にちゃう

うちとあんたの「好き」

わかってん、唇がふれたとき


  
今年こそ行こうねと やっとのことの格安バスツアー

強制イベントは トイレ休憩のサービスエリア

お土産ひとつ 幸せひとつ



 
 
音だけが交差する 黒い海

波間にキラキラ 海蛍

お願いだから消えるなんていわないで 海蛍



 
 
あなたを乗せた船は故郷に近づき

ふたりの思い出は遠ざかる

幸せになりなよと、そんな一言のメールも打てぬ間に



 
 
朝起きたら、外に出よう

白い息を吐きながら

此畜生と吐きながら



 
ベツレヘムの星がまたたく頃

そっと目かくしをしてくるヤツ

朝まで名前を呼んでやらないんだからね
 
笑みを絶やさずにいよう

しずむあなたの灯台となるために

ずっと絶やさずにいよう



 
 

好きやってんでと、うつむくわたし

知ってたよと、うそぶくあなた

きらめくネオンの街で、さようなら、さようなら、




 
 
目が覚めたらやっぱりおっちゃんやった おっちゃん

ひとりやったら泣いちゃう おっちゃん

そんなおっちゃん、やさしいしたってやー


 
 
あなたに刺さるだけの棘

あたいは花の咲かない薔薇だから

花の咲かない紅い薔薇だから


 
 
抱き合うより

見つめ合いたい

そんなお年ごろ


 
 
外は悲雨だから

いいんだよ、いいんだよ

ぼろぼろ泣いて、いいんだよ


 
 
陽気なハリー

今日も命を削って商売繁盛

そして、sold out!


 
 
あたいの心は茜色

つっかけ蹴り上げたら

明日は、きっと晴れ



 
 

あたいは線香花火

絶頂をすぎてもチリチリ感じていたい

火球 果てるまで




 
雨の日は おうち遊び

メールを待ちわびて

ひとり遊び
AといえばA

されど

BといえばB
澄んだ水にウチは住めぬ

これだけは言っとくよ

by ウチ
唇は ほどよく濡れ

指先は ぬくもりを感じ

果ては 穏やかな吐息




 
 
愛ってやつは

○だったり□だったり、ときに△だったり

そんなもんだろ、なぁ



 
雨も忘れるほど唇を求め合った夜

そこに忘れてきた傘一本

今も時々探してみるけれど
そこを曲がると、雨が降る

ずぶ濡れのふたりが駆けてゆく

それは遠い昔のこと
たんねんに こさえた ゆきうさぎ

あなたが ふりむいてくださらないから

きょうも 赤い目の ゆきうさぎ
縦横無尽に うちのチャリ

それがすべてよ マイワールド

五里霧中なんかじゃないんだからね


 
恋月 ぴのさんの殿上 童さんおすすめリスト(26)
タイトル 投稿者 カテゴリ Point 日付
八重桜- 殿上 童自由詩19*12-4-29
名をつけるのは- 殿上 童自由詩28*12-4-8
「好き」- 殿上 童自由詩27*12-3-8
お土産ひとつ- 殿上 童自由詩21*12-2-7
海蛍- 殿上 童自由詩25*12-1-28
幸せになりなよ- 殿上 童自由詩22*12-1-16
此畜生- 殿上 童自由詩26+*12-1-4
プレゼント- 殿上 童携帯写真+ ...22*11-12-27
笑みを- 殿上 童自由詩30*11-12-20
さようなら- 殿上 童自由詩24*11-12-11
おっちゃん- 殿上 童自由詩19*11-11-29
薔薇だから- 殿上 童自由詩14*11-11-13
お年ごろ- 殿上 童自由詩18*11-11-1
悲雨- 殿上 童自由詩18*11-10-11
陽気なハリー- 殿上 童自由詩12*11-10-2
明日は- 殿上 童自由詩19*11-8-21
線香花火- 殿上 童自由詩16*11-8-2
雨の日は- 殿上 童自由詩16*11-6-21
- 殿上 童自由詩9*11-5-10
これだけは- 殿上 童自由詩11*11-5-1
果ては- 殿上 童自由詩12*11-4-1
愛ってやつは- 殿上 童自由詩16*11-3-20
傘一本- 殿上 童自由詩11*11-3-1
ふたり- 殿上 童自由詩14*11-2-20
ゆきうさぎ- 殿上 童自由詩21*11-1-4
マイワールド- 殿上 童自由詩11*10-11-23

Home
ダウンロード
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
すべてのおすすめを表示する
推薦者と被推薦者を反転する