宗教中毒
陽向、

一日一日が宗教の煙で見えなくなって、あっぱらぱーになるんや。どこまでもどこまでも宗教に飲み込まれて、無が体をつんざいてブッ飛ばされて知らん顔して悠々と歩くんや。
仏教徒の為に道を開けろ、身体の中ぶちかましてやるぞ。黄金の光が身体の外におって、何もかもをすました顔で支配していやがる。こいつは神だ、触ろうにも輝きのみの存在だから触ることもできない。キリスト教やらはこんな存在を父などと呼ぶ。こいつは胸の外におんねん。キリスト教徒たちよ、仏教徒の俺が教えてやる、心臓を握りつぶすぐらいしごかんかい。全ては自我と向き合って、なんもかんもぶち壊して、そこに残った胸の内の輝きが我を仏にすんねん。宗教とは一人や、父などと言って神に身を寄せんな、孤独の中でいびきかいて寝てりゃあいいんや。
時に政治家を操り、時に芸能人を操り、仏たちは民衆を仏教へといざなう。ドシッとかまえて南無阿弥陀仏って唱えてちゃぶ台をひっくり返して奇声あげとんねんこっちは。仏たちよ、もっと血がたぎるほど仏の力を見せてくれ。政治家や芸能人の首がもげるほど操り倒さんかい。孤独が仏教を求めとんねん、ロックバンドのボーカルが全身で歌い、それに巻き込まれるファンのようになりたいんや。気持ちよさの中で失神して、目が覚めて、それを一日に何度も繰り返して、周りに気味悪がられても、仏教への信仰心は薄れることなく、全身が仏教の虜になって中毒になる、そんな力を仏は見せないといけんのや。


自由詩 宗教中毒 Copyright 陽向、 2017-11-14 19:31:33縦
notebook Home 戻る  過去 未来