二十三歳
アオゾラ誤爆

恋人へ



あじさいの
ような淡い青の水彩
ゆめをみていたのは僕だけ
慣れない万年筆のインクが
しろい便箋に滲んだ

あの日付は遠い

風はよく吹き
小道はかすかな日陰になって
野良猫の背をひやしている
いつまでも六月の
蒸すような空の しみる或いは涙のような
きげんのわるさを
のみこんで

汗ばむには
すこし冷たすぎる夜が
迫ってくる
踏切の向こう側 かすかに海のにおいがする
僕の歩幅の小ささを
君は笑って
ただ先を行ってしまう




自由詩 二十三歳 Copyright アオゾラ誤爆 2012-07-27 03:15:15縦
notebook Home 戻る  過去 未来