女になったのは
yaka


黒が似合うようになりました
白はちょっと 気恥ずかしくなりました

女になったのはいつ頃でしょうか
どんなふうにしてでしょうか

化粧が上手くなった頃でしょうか
愛するからでしょうか
愛されるからでしょうか

それだけではないように思います

相変わらず
思うままに生きようとします
信じるものを選びたがります
張れない意地を張ろうとします
そうしてわたしであろうとします

ただ密やかに
骨張った手が らしく見えます
掻き上げたうなじが 見せつけます
ため息さえ もう娘ではありません
白い胸元に 男がもたれかかります

夢に生きるわけではありません
仕事に賭けるわけでもありません
日々の営みに精一杯です
ちっぽけな幸せに満足してしまいます

相変わらず
タバコは似合いません
グラスも似合いません

さり気なく
あなたのタバコに火を差し出すなんて
気の効いたことはできませんし
あなたの浮気に 寛容ではいられません
いつまでたっても 妬きもちやきです

ただあなたが
私の胸にもたれかかり
ため息を落とし
疲れを落とし
涙を落とすとき
女になったのだと 感じるのです


          2004.03.19





       





自由詩 女になったのは Copyright yaka 2010-06-19 16:20:15縦
notebook Home 戻る  過去 未来