すべてのおすすめ
絵本の中で星を探した

月のみえない夜のかみさま

あの子がすこし泣いた日の夜
君が言葉に詰まった、数秒間。
その時間を、僕はきっと死ぬまで忘れないと思う。
僕にとってあの瞬間は、人に心があることの証明だ。
世界が美しいことの証明だ。

悲しみとは未だに仲良くできない。 ....
優しくなりたいとは思わない。優しくなくても、構わないと思う。
人生で人に与えられる優しさには、きっと限りがある。
無理に優しくしようとしても、限度を越えると押し付けになるように感じる。
僕の優し ....
一面に花が咲く。君の笑窪がひかる。星が降る。透き通る。春になる。
そんなかんじの恋だった。
勇猛果敢に高みを目指す

背中の辺を撫でると喜ぶ

景色を眺め思索にふける

猫の言葉で夢を見ている
「残骸」
僕のこころは死んだから、いつまでもちゃんと笑えるよ。こころの残骸が涙を流すこともあるけれど、寿命まで生きるから許してほしい。星を見上げたことなんてないです。希望を持ったことなんてないです。 ....
なんだか疲れてしまった日は、
おいしいパンを買って、一人でこっそり食べちゃおう。
僕らは何度でも、この世界に生まれる。
ゆうぞうさんの水宮うみさんおすすめリスト(7)
タイトル 投稿者 カテゴリ Point 日付
ぼくと夜- 水宮うみ川柳5*19-5-20
- 水宮うみ自由詩1*19-5-8
- 水宮うみ自由詩2*19-5-7
手のひら- 水宮うみ自由詩2*19-4-6
にゃん- 水宮うみ川柳1*19-3-28
延長戦- 水宮うみ自由詩2*19-3-18
涙ちゃん- 水宮うみ自由詩3*19-3-2

Home
ダウンロード
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
すべてのおすすめを表示する
推薦者と被推薦者を反転する