きっと
あおいみつる

この街にも いつの時代にも
優しさを宿した瞳は見つめている

みんな人だから
その心の傷口をつつむように
ひとこと優しい言葉を
投げかけたいと
そう思っている

きっと

混沌とした世の中に咲く花よ
やさしく風にそよいでおくれ

あなたの微笑みを待っている人が
きっといるから
きっと見つめているから

その心の傷が癒されるよう
隠さないで
さしだしておくれ

風にそよぐ花になれ
やさしく揺れる花になれ

この街にも いつの時代にも
優しさを宿した瞳は見つめている

きっと


自由詩 きっと Copyright あおいみつる 2020-01-21 14:26:31縦
notebook Home 戻る  過去 未来