憎悪に似た朝
墨晶

                    掌篇
 
 程なく、真夜中だった。
「 ねえ 寺院のクロッシュが こんな遅くに 」
「 蜂起だ 外は危険だ 」
「 みんなどこへ行こうとしてるのかしら 」
「 鎧戸を閉めるんだ 俺たちは関係無い 」

 それぞれの事柄が終焉を迎える。仕方がないことだ。誰もが、何もかもがそうなのだ。
 髪を掻き上げようとしたとき、掌がガッシリと髪の束に捉えられ、動かなかった。一瞬、世界が反転したような感覚だった。シェルターの内部は灯油ランプの油煙に満ちていた。俺たちは何日熱い湯を浴びていないだろう? 俺たちは何日外を歩いていないだろう? しかしそれよりも、俺たちは互いに云い出しかねていた。何かを。

 女は燐寸を擦り煙草に火を点けた。卓子テーブルに投げた黄色い鳥が描かれた燐寸箱は、もう中身は僅かしか残っていない乾いた音をたてた。

「 いい加減にしろ 」
「 いいじゃない 何よ今更 あたしたち もう 」
「 云うな! 」

 女の吐く烟と息が見分けがつかない、凍えるような室内だ。
 ラジオのざらついた声が独りごとを云い続けている。少しでも意識を誤魔化そうと苛立ちながらダイヤルを廻した。
 やっと、遠く切れぎれに、音楽が。
 細部を欠いた記憶、映画 "Salò" の終幕場面を手繰り寄せる。
 そうか、エンニオ・モリコーネだ。

「 お腹空いたわ 」
「 状況を考えろ 」
 云ってしまってから、考えが変わった。女は俯いていた。
 俺たちの存在など、鼠と何ら違いは無かったのだ。
「 悪かった 」

 ヌイユ・ド・サラザンが僅かにあった筈だ。闇の中、シェルターに運び込んだトランクからガス缶、鍋、水の入ったボトルを取り出す傍で、女は隅のギャトー・ド・リ数個を指さし、
「 あれはあしたに取っておきましょう あしたがあればのはなしだけど 」
と、云った。

 そう云う最後の晩餐だった。



                    Fin.


散文(批評随筆小説等) 憎悪に似た朝 Copyright 墨晶 2020-01-21 04:03:14縦
notebook Home 戻る  過去 未来