流星雨
Lucy

幾億粒のまなこが煌めく
夜の底

磁気に繋がり
流れを描き
脆く途切れ
こぼれる様を
見ているようで
見ていない
視線の針が交差する
決して出会うことはなく
跳ね返ることもなく
深々と
刺さりもしない

砂鉄のような
言葉の
むくろ





自由詩 流星雨 Copyright Lucy 2016-01-06 23:55:02縦
notebook Home 戻る