さいはて
そらの珊瑚

海は優しい
もちろん
それだけではないことを
たくさんの人が知っている
海は荒れ狂う
そんな日は
早々に寝てしまうだけ
海鳴りを子守唄にして

たどりついた
ふるさとの
今朝の海は
ここまで満ちて
潮騒のほかは何も語らない

浸した
わたしのくるぶしを
ただ
いたづらに
からかうように愛撫してゆくから
いともたやすく
わたしはふやけて
五歳の少女になりえてしまう


自由詩 さいはて Copyright そらの珊瑚 2015-02-25 09:16:31縦
notebook Home 戻る