地球詩人
ただのみきや

破裂した精神から
無数に咲き乱れる
色とりどりの気球
大気圏を目指すアストロノーツ

「僕らはこの星の火傷そのもの
 剥離する瘡蓋だ―― 」

 ――なのに捨てきれない!

抱き寄せる母性ガイアカイナ
蛮遊韻力の誘惑に
垂直に墜ちる烈火の雲雀
詠う隕石症候群
オンを長く棚引かせ
誰のものでもない
開花した瞳の真中へと

押し寄せる波
何かを対消滅させて
生まれて来る
言葉と言葉のあわい
新しいもの 否
むしろ 遡るものか

愛する故に
   噛みついた痕


    《地球詩人:2014年2月23日》






自由詩 地球詩人 Copyright ただのみきや 2014-04-04 22:01:23縦
notebook Home 戻る