孤影 / 遠く飛び立って行った白い鳥
beebee







それは
青空を巻いて
大きく旅立って行ったのだった

遥か眼下に
広がる世界は
大きく変わろうとしている

幼い頃
見た風景たちが
脳裏に甦り
それが情景に重なって見える

少年の頃
伸び盛りの羽根が膨らんで
鳥は丸々と太って見えた
頭が大きく
鬢は白く輝いていた

伸びやかな飛翔に
身体は喜びに満ちていた
口元紅く
鳴き声は朝焼けに響き渡った

青年の頃
強い決意を持って
羽ばたいた

盛り上がる筋肉が軋み
羽音に周り中が沸き立った
頭は一点に固定され
集まってきた風が鳥を支えた

鳥は一群の群れを率い
白い影は陰影を湖沼に映した
彼は王者のようだった

幾多の時間を
鳥は仲間と暮らした
仲間が自分だった
自分が仲間だった

力強い飛翔が
幾度も仲間を南へ連れて行った
身体には生命の確信が満ちていた

季節を変えてまた
仲間を北へ連れて帰った
いつしか連れ添う家族を守り
それでも群れの先頭を飛んでいた

白い鳥よ
おまえはいつしか年齢を取り
孤独を湖沼に映すのだった

広い沼地に降り立ち
すっくりと立つ
年老いた白い鳥よ

瑞々しく太かった羽根は弱り
丸々と太って見えた身体が
かさかさになって薄く細って見えた
鬢は擦り切れて乱れていた

ああ風はあるのか
白い羽根が風に舞っている

年老いた白い鳥は
頭を上げ青空を見上げている
すっくりと立つ白い鳥の
心は大きく羽根を拡げていた

それは白い鳥の想い
青空を巻いて
大きく旅立って行ったのだった

手元に一本の老いたる羽根を残して






自由詩 孤影 / 遠く飛び立って行った白い鳥 Copyright beebee 2012-01-28 22:13:39縦
notebook Home 戻る