創書日和「歌」
イズミナツキ

未来に向かう
一人歩きする夢の歌
消える、そのさまを見た

過去を憂う
引きずっている君の歌
消える、そのさまを見た

心をずっと
暗闇に閉じ込めた
微かな光にさえ
目が眩んだ

まぶたの奥に焼きついた残像が笑っている
全て失ってしまったけど
記憶は虚しく此処にある

世界をずっと
自分勝手に回した
それでも君は
見つからなくて

まぶたの奥に焼きついた残像が笑っている
此処から始まっていくけれど
積もる記憶が腐りゆく

今も歌えずに


自由詩 創書日和「歌」 Copyright イズミナツキ 2007-03-09 22:44:31縦
notebook Home 戻る  過去 未来
この文書は以下の文書グループに登録されています。
創書日和、過去。