記憶のふるさと/st
 
以下の方がこの文書を「良い」と認めました。
- アラガイs 

現存する。ということを前提に、いまを眺める宇宙全体をひとつのエネルギーの枠に例えたならば、中でひしめきう銀河や星々などは細胞の核のようなものでしょうか。ならば我々生きものとして呼ばれている人類はウィルスのようなものでしょうか?。だとすれば我々人類も宇宙の枠組の中ではただ活性化しているということになる。つまり我々人類は思う処の生きものでもないのです。果たして誰が何処から何の目的で放り込んだのでしょう? あるいは既に過ぎ去った遠い時代の機械文明が主である人類の復活を目的に送り込んだのかも知れない。笑。ですね。
---

- 田中宏輔 

Home
コメント更新ログ