あさ/梅昆布茶
 
以下の方がこの文書を「良い」と認めました。
- 水宮うみ 
- もとこ 
予測ができない不思議な展開に翻弄されたままでした。寺山の「売りにゆく柱時計がふいに鳴る横抱きにして枯野ゆくとき」が組み込まれているのも面白いですね。
- ひだかたけし 
- こたきひろし 
寺山修司。詩人で歌人の博打好き?
- アラガイ 

なんか惜しい不足している気にはなりますね。この詩が収斂に向かうとすれば、それはシュールかリアリズムかそれともリリシズムなのか。ちょっとわからない点かな。
---2020/02/18 12:54追記---

---2020/02/18 12:55追記---
- かんな 
前半、感覚的によく分かるなあと。
どうでもよい話をどうでもよく話すしあわせというか。
後半はわたしの知識不足で
きちんと飲み込めなかったかもしれません。
あさって、ちょっとやさしい。
- Lucy 
- umineko 
ちょっと 仕掛けていて
そこが素敵
うらやましい
- 夏川ゆう 
- はるな 
- もっぷ 
- 服部 剛 

素敵な会話だなぁ


 
作者より:
うみさんありがとうございます。

もとこさんありがとうございます。


寺山修司の詩はずっと僕の心の中で響いている気がします。

Home
コメント更新ログ