小中学生と詩人のための共同幻想論入門/一輪車
 
以下の方がこの文書を「良い」と認めました。
- ひだかたけし 
- 花形新次 
- アラガイs 

少し乱暴だね。でも読ませて学びをいただきます。
- 黒髪 
三つの部屋という例えがいいですね。まだ目の光は鋭くあるように、
感じられましたが、一度得た能力が、失われることなくあるようで。
- 帆場蔵人 
 
作者より:
ひだかたけしさん お読みくださりありがとうございます。
 
花形新次さん お読みくださりありがとうございます。

アラガイさん お読みくださりありがとうございます。
この文章は、わたしよりはるかに頭もよく物事をわきまえておられる詩人の皆様方に「学んでもらおう」などという傲慢な気持ちで書いたのではなく、
(じっさい、ここに投稿されている方々の中にはブログで吉本隆明の文芸理論を解説しておられる方も何人かいます。わたしより遥かに精密に深く読み解いておられる。ただ、わたしのように、小中学生にもわかるように書いてはおられないのが残念だなあと思っていました。なんとなれば吉本隆明は大学生やインテリのために書いたのではなく教養のないふつの一般市民がインテリに対抗するために共同幻想論を書いたふしがあるからです。ほんとうはとてもわかりやすく、ストレートなことしか書いてないのですがね)
この投稿は、頭の悪いわたしの代わりにだれか素晴らしい文学理論があるので、ちゃんと受け継いでいってもらえたらなあという願望からのものです。網羅的にただ解説するのでなく、具体的にじぶんのことに引き寄せて、ちゃんとリアルな説明をしてほしいなと。わたしよりはるかにちゃんと読めて理解して説明できる能力のある方々へ、こういうものがありますよと在り処を示す程度のことができればなとおもっています。

---2020/01/16 02:42追記---

葉山美玖さん お読みくださりありがとうございます。
中学生でもわかってもらえるようにかなり雑に書いていますが^^ わたしには雑にしか
書けないという能力上の問題があるとはいうものの、そうとうにすごいことを書いたつもりです。
雑ではあるけれども、人間意識の本質的なことを書いたつもりですが、正直言ってこれに
ポイントがつかないのは意外であると同時に「やっぱりねえ」という嘆息も
ありましたが ひだかたけしさん アラガイさん 花形新次さんらにつづいて葉山さんに
「おもしろい」といっていただけて非常に気分がいいし、ほっとしておりますです。
ふだん何故だろうと気にとめていたことに共同幻想論の光をあてる、そんなようなものをつづけて書いていきたいとおもいます。
コメントありがとうね。

---2020/01/17 07:44追記---

黒髪さん お読みくださりありがとうございます。
わたしはもう文極の投稿欄はまったく見ておりませんので近況はわかりませんが、
元気でご活躍でしょうか。
小生、頭のほうもそうとうボケてきましたが、ボケの語りというかボケの考え方のおもしろさ
というものもあっていいのではないかとおもいましてね。乱暴で雑な展開、ちょうど
小中学生なみの頭の程度しかないわたしの幻想論もそれなりに読めるのじゃないかと。
行間の粗雑なところは読者のみなさまに補完していただければと存じます。
コメントありがとうございます。

戻る Home
コメント更新ログ