光の午後と郵便脚夫(改訂)/ひだかたけし
 
以下の方がこの文書を「良い」と認めました。
- アラガイ 
ひだかたけしさんの詩風は好きですね。人間的にも好意的な批評が働くタイプでしょう。(誰かさんから、おまえ、ステレオタイプって言い方知ってるか?)なんてボクの批評で言われてしまえば、うん?どこがどうしてだ?とか考えるでしょう。光陰、海山、土木、火風。色々、詩ではそのまま使いたくなる便利のよい自然現象ですね。そして街並みの形容。わたしも大好きです。しかし、扱う表現がこればっかりじゃ飽きられるよ。とかなんとか言われてしまえば、うん、そうかな、と納得するかも、ですね。難しいところです。
---2019/11/07 17:30追記---

---2019/11/07 17:36追記---
- レタレタ19 
- こたきひろし 
- HAL 
以下の方がポイントなしでコメントを寄せています。
- 孤蓬
ひだかたけし氏「光の午後と郵便脚夫(改訂)」から
>俺は陰気な郵便脚夫のように
>街から街へと急がねばならない

宮澤賢治「屈折率」から
>陰気な郵便脚夫のやうに
>-略-
>急がなければならないのか

何の断りも無しに、他者の作品の一節を、何食わぬ顔でこっそり失敬する行為は、慥か日本語では「剽窃」と申したかと思います。

こともあろうに、宮澤賢治の詩から。

まあ、そういう詩風を好む向きもあるようですが。
 
作者より:
アラガイさん、
確かに短詩に限って言えばそうかもしれませんね。
今後の参考にさせていただきます。
丁寧なコメントありがとうございました。。ゝ

Home
コメント更新ログ