ローラとかいうタレントたちのバカバカしさ/一輪車
 
以下の方がこの文書を「良い」と認めました。
- 孤蓬 
自由で民主的な社会の実現を標榜するリベラル派が、その主張に反して、自由で民主的な社会とは真逆の政治体制を持つ国(しばしば、それらの国の国号などには「民主」の言葉が入っていたりもするのですが)を利するような行動を、実質的にとっている現象が往々にして見られる事は、既にご案内の通りです。

また、話は変わりますが、和合亮一氏は2015年1月27日(火)に放送された「 “いまを生きる”言葉 ~詩人・吉野弘の世界~」と題するNHKの番組(クローズアップ現代)に出演し、吉野のメモにあった「自分の好悪の感情で人を批判せぬ事です」というフレーズ中の「好悪」の語を「こうあく」と読んでいました。
慥かこの人は、高校の国語教師でもあった筈ですが、詩人としても国語教師としても、何とも実に残念な国語力だと思ったことを憶えています。

- 花形新次 
ローラが性的に興味を引く(私にとって)存在であることは
否定出来ませんが、仰ることに異論はありません。
俺ね、吉本死んで、生きる指針を失ってしまったのよね。
- 石村 
 
作者より:
孤蓬さん、お読み下さりありがとうございます。
わたしも和合亮一は顔写真をみるだにムカついてきます。
この男が震災のさいにやった行為(福島だけを郷土的に持ち上げて、汚染桃の
宣伝を知事、市長などと連盟で行い、フランスあたりでパーティをひらき、
電力会社の太鼓もちをやり......まるでガキがはしゃぐように浮かれまくった
あの姿)がゆえにわたしは現代詩などというものを
いっさい信用しないし、そもそも詩壇というものに怒りすら覚えるように
なりました。こんな男が詩人として通用する。
なんとつまらない時代かとおもいます。

花形新次さん、お読みくださりありがとうございます。
むかしローラが畑正憲とテレビで対談するショーをみましたが、
ムツゴロウはローラをみるなり「あ、象だ!」といいました。^^
どうしてローラが象なのかいまだに謎が解けません。
ローラはローラで畑正憲を「なんかちっさい虫みたい、きも~い」と
正直でした。可愛いけどようするにバカだからタレントたちを牛耳っている
あっちの国の在日社長やらにかんたんに利用されちゃうんでしょうね。



---2018/12/20 03:26追記---

戻る Home
コメント更新ログ