干し烏賊/間村長
 
以下の方がこの文書を「良い」と認めました。
- ひだかたけし 
- しょだまさし 
- 森田拓也 
こんばんは
いつも思うのですが、間村長さんの詩は、
全体で意味を取ろうとすると、
間村長さんワールドの迷宮に迷い込んで、
不思議世界を体験させていただけます。
心地よい魅力的な不条理世界です。
- 秋葉竹 
- こたきひろし 
- 梅昆布茶 
- 空丸 
- HAL 
- mizunomadoka 
- 仲程 
- よーかん 
- ねむのき 
以下の方がポイントなしでコメントを寄せています。
- 狩心
今時間がないので軽くしかコメントできませんが、

干し烏賊
星以下
欲しいか?
干し異化
欲しい異化

間村長さんの作品は突拍子もないように見えるが
異化というほどぶっ飛んではなく、叙情的で
メタファーの入口だと感じるので、ついていけるから
評価されるんだと思うんですよね。
自分としましては、その立ち位置にとどまるのか、
そこからどこに行くのか、が気になります。

あまり見せずに想像させるのは、深みを帯びる手ですが
自分としましては、見せてしまうまで一歩踏み込み
見せてしまった上で、想像させるという基本的な手を使いますが
自分の場合は見せても理解されなかったり、語彙的に敬遠されたり、
そもそも見るまでにも想像力と思考をだいぶ必要としたりするので
大体、ついてこれない人がほとんどだなと思っています。

時間があるときに間村長さんの作品を読んで、
どうやったらみんなついてこれるかなーとか
そういった基本的なところをちょっと勉強してみたいなぁと思いました

 
作者より:
森田拓也さん、ああ、私のワールドですか。不思議世界は何か詩のエッセンスの様な気がします。不条理世界も調理次第では、まともな詩にできそうですね。

Home
コメント更新ログ