二十一世紀を燕が思う/イナエ
 
以下の方がこの文書を「良い」と認めました。
- ……とある蛙 
昔は東京でも燕がよく見られました。

駅なんかにも燕の巣が結構あった記憶があります。

最近は注意してみていないこともあって、随分見かけなくなったなどと思います。

何処へ行ったのだろうか。

- 北大路京介 
- そらの珊瑚 
将来燕のワタリがなくなってしまうかも
と思うととても寂しいです。
燕に語らせたことでより説得力があったように思います。
- ただのみきや 
- 小林螢太 
うーん、力作!
- Astra 
- Lucy 
燕目線で丁寧に検証される、日本の環境および文明への考察。
そうですね、燕は日本へ来なくなるのが賢明な選択なのでしょうね。
- ichirou 
 
作者より:
昨年は、田の面を飛ぶ燕が随分減っていた。今年も来るだろうか、そのようなことを考えていると、燕の思いが妄想されてくるのだった。

 お読み頂き、ポイントも頂き。有り難うござます。

サトシさん 
……とある蛙さん 「おいらは銀座のつばめなのさ♪」という歌詞がありましね
北大路京介さん
そらの珊瑚さん 寂しく思います。
島梟さん
ただのみきやさん
小林螢太さん コメント有り難うございます。
芥もく太さん
Astraさん 
松岡真弓さん  とても哀しいことです。  
ichirouさん
 
      有り難うござます。



---2014/03/16 09:49追記---

Home
コメント更新ログ