{ルビEKBO=エクボ}
エッジワースカイパーベルト天体
微笑みをぜんぶ君にあげる

ワイ惑星
わいわい村の子供たち
太陽系ラジオ体操は朝寝坊したらあとが怖い

村はずれ
ヘリオポー ....
花束と札束
どちらが欲しい?

私は札束
見たことがないから

幾らぐらいからなら
横に立つとか
縦に立つとか聞いたのだけど
ほんとかな

もし宝くじに当たったらどうしよう
十 ....
八月が終わってゆきます
良いキップルも悪いキップルも
満載だった夏休み

絵日記および感想文ひきうけます
詳細はお電話で
自由研究には
インターネットお気に入りサイトに対する
巡回セー ....
{引用=引きこもり悲喜こもごも}Don't Disturb Cryptobiosis
夏眠中です
邪魔しないでください

冬眠から覚めても
春眠暁を覚えずを終えても
今は夏眠中

秋が ....
{引用=残響}エリスン、世界の中心で愛を叫んだビーストは
獣だったのか
ケダモノだったのか

核シェルターは未来の竪穴式住居
ネット・コミュ・ツール全ては
今現在の

遠い声、遠い部屋 ....
さてまず
ユークリッドの原論について説明しよう

コイナイ・エンノイアイは
こりない遠距離恋愛について
アイテーマタは
あいたたたっ、ちょっと待って
ホロイとはつまりふぉろーみーであり
 ....
わたし
わたしたち、という言葉のためだけに
ひとが生かされているとしても驚きはしない

わたしとあなた、だったり
わたしとどこかのだれか、だったり
全国民よ同胞よ私たちはー、の私たちだった ....
メイアンが名づけた
薔薇という名前のピースはとても丈夫です
暖かくなってくればすぐ
芽が動き出て

植物学者は
朝に晩に観察日記
ベランダのプランターの
その土の中ではもう
根も伸び ....
{引用=へべれけなベレニケ、すっぴんのスピカ、女神の両天秤、淑女な織女}エジプトの王妃ベレニケは出征した夫の無事を祈ってその髪を神々に捧げましたがそれでも心配で心配で毎日お酒を飲まずにはいられませんで .... ねぇダグラス
「たんぽぽのお酒」を読んだよ
ねぇダグラス
本当にタンポポを醸そうか

白や黄色やピンクなの
タンポポにもいろんな種類があるから
選抜育種とか品種改良とかして

タンポ ....
有史以来
その出現以来
全地球制覇を目論み続けている植物たちよ

今年わたしは
とある一区画のナガミノゲシと戦います
ロゼットの形も
放っておいたらどうなるかも
去年のうちにしっかりと ....
日常はいつも
巡回セールスマン問題
とことこ
とことこ
どこから回りますか

詩詞の素因数分解
エラトステネスのふるい
ことこと
ことばたち
何から読みますか

どこかにはあり ....
地球深く
水底のダゴン茶屋に
宇宙飛行士がやって来ました
ラインの黄金を尋ねて
掌には何もないことの地図

流星は天空のエフェメラル
シーツにくるまって
白い月のような乙女たち
店で ....
百合が
その体を天に向けて開いている
掃き溜めのスターゲイザー

星の見えない夜には
星たちのことを話して過ごします
星の見える夜には星を見ているからね

時刻は
トッケイ時計が告げ ....
たとえば南極、太古の地下湖
掘削機の先端が届く寸前に
掘削を止めたボストーク湖
地下四千メートルの手前

突進しがちな地球人でも
こんな風にたまには
触れるべきでないものには触れずにいる ....
毎日の駅舎の
プラットフォームの屋根の
「頭上注意」のとある一区画から
いつも落ちて来ていたハトたちの声
優しく鳴き交わしていた声

くるっくー
でぽー

けれども今日は駅舎の
プ ....
そのはなさくやひめ
どの花が咲くの?

そのはなさくやひめ
咲く花を教えて

黄昏は縹色
マーシュマロウと
柳のウィローは
金星を食べてしまった

夕刻のシリウスを隠して
天狼 ....
クラムボン
それはクライムボーン
眩むほど真っ白に洗われた犯罪の骨
かぷかぷ笑うホネホネ生物

それから賢治
これは世界樹のドングリ
猫が短くニャニャと鳴くとき
世界中のドングリのひと ....
ゴブリンのゴブレットには
詩がもられている
ふゆるはるる

スイートピーひとつで
羽の生えた船が作れます
ほらこれはキール

冬に婚ふ
秘めがちな姫君
パエトーンの落とし子たち
 ....
光ろうとも
光らせようとするでもなく
ただ
感性には自信があるというひとよ

静止している物体が
一見いつまでも静止していられるからといって
今生この宇宙は今のところ膨張しているわけだし ....
詩せずして詩かばね拾うものなし
詩しても詩かばね拾うものなし
さびしいことだが我が道を行く
実はそんなにさびしくないし
落ちている花々を踏みしだきながら
生態系における一次消費者としての Physalia spp.は未記載の詩胞動物。些少な刺激にも反応し触手の nematocyte から詩糸を発射するが採餌ではなく詩糸の発射そのものが目的という説もある .... 詩人がどんどん集まって
目玉と言葉をぐりぐりさせて
自分が一番すごいのであると
くるくるくるくる喧嘩ゴマ

困った山猫裁判ひらいて
ご存知通りの判決ですが
森のドングリ大漁なれば
小鳥 ....
こと座は言座、晩春の
明け方の空で奏でられ

いちごは一語、苺じゃなくて
けれどもそれぞれ甘酸っぱくて

苺の一枝髪に挿し
三々五々とイチゴ市

苺の灯りを手にかざし
一期一会と参 ....
言葉のなる木が微塵に砕けて
ちっちゃなミジンコ
恒河沙生まれた

単眼複眼
お花の目をして
ぴこぴこなのぴこ泳いでる

君たちの
ひとつひとつを色にして
どんな絵だったら描けるだろ ....
文字化けカボチャ万聖節
黄昏のキングコング孤影

いいえあれは
彼は
蜜柑色のジャック・オランウータン
秋の木の葉色の森のひと

それに一人でもないようです
ジャック・オー・ランタン ....
金曜日ないし週末はカレー
と決めているひとも少なくありますまいが
うちは水曜日にポトフ
  
毎週すいとんをいれて
すいとんのフーガ
すいとんのエクトプラズム
すいとんのスィート

 ....
昨晩よりも丸い月になります
天象航路
あふれてありふれるべきもの
月光

示準化石としてのアスファルト
示相化石としてのコンクリート
昔、日本があった場所

ストーンサークル・オルゴ ....
もしも彼女が本気で読んだら
作者に何も残らない

一文字余さず味わいつくして
海に溶かしてしまうだろう

始原のことばの海は深くて
作者はしくしく泣くだろう

もしも私が本気で読むな ....
とある詩人が当代の
詩をものにして伝説の
詩聖にならんと唐を出て
ドラゴン目にして絶句した

四声平仄朗々と
五言で篭絡するはずが
啓蟄の竜がガオガオと
欠伸なだけで口ぱくぱく

 ....
海里(416)
タイトル カテゴリ Point 日付
太陽系ラジオ体操の歌自由詩312/8/23 19:21
札束と花束自由詩212/8/23 19:18
詩しゅん期の新学期自由詩112/8/23 19:13
ふわりと短い横書きいつつ自由詩212/7/23 21:01
寄せる四つの夜の歌自由詩312/7/18 20:02
プリンキピア・ポエティカ自由詩212/7/18 20:01
不通の人々自由詩412/7/16 21:36
薔薇という名前のピース自由詩212/7/16 21:36
三つの短い散文詩自由詩412/6/18 21:50
お酒たんぽぽ自由詩3+12/6/7 13:35
花と緑のフーガ自由詩212/6/4 21:39
手探りの灯り自由詩212/6/1 22:10
淡蒼球の星座たち自由詩112/6/1 22:10
移ろいの容器自由詩212/5/30 22:25
アース・アタック!自由詩112/5/30 22:25
ひそやかな密度自由詩312/5/30 22:25
片すみのスミレ自由詩112/5/25 21:25
やまなしの熟す頃自由詩112/5/25 21:25
88鍵のためのエチュード自由詩312/5/24 19:40
感性には自信があります。自由詩312/5/24 19:40
詩せずして詩かばね拾うものなし自由詩412/5/24 19:40
カツオノへボシ自由詩112/5/18 22:25
詩人どんぐりと山猫自由詩212/5/18 22:25
苺一枝、イチゴ市へ自由詩212/5/18 22:25
木っ端ミジンコ自由詩210/10/17 20:21
十月はかぼちゃの国自由詩110/10/16 18:50
闇鍋月の逢魔が刻自由詩1*10/10/16 18:50
月光ドレッシング自由詩1*10/10/15 20:03
表現における公準(要請)と公理自由詩1*10/10/14 19:28
無言絶句自由詩110/10/14 19:28

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 
0.11sec.