かおるのおと 「未明」 二首 2017.01.09
もっぷ

死をみつめ明日など思えない夜のたったのひとりに寄り添うバッハ


誰よりも可哀想だと神さまがうそで云うのを待ってはいない



短歌 かおるのおと 「未明」 二首 2017.01.09 Copyright もっぷ 2017-01-09 02:13:07縦
notebook Home 戻る  過去 未来