政治家と詩人と戦争
竜野欠伸

きっと生き方には
真剣なのだけれども
政治家と詩人は似ていると
他の人々に言われたとしたら
お互いが完全に
否定をするだろう
だがひょっとしたら
似ているところが
あるかもしれない

目立ちたがり屋で
恥も知らずに
出しゃばりのくせに
言葉ばかり達者なので
時々人々に嫌われて
傷付く始末だけれども
ほとんど影も形もない理想を
いかにも大切そうに
そっと懐にしまっては
時には人々には夢を託して
世の中に偽物の
幸せをもたらそうとする
のだと

詩人たちは政治家たちのことを
うそつきな戦争屋と
考え込んでいるだろうよ

悪魔は悪しか行なうことができない
ゆえに純粋である。
 ―ジャン・コクトー

政治家たちは詩人たちのことを
ろくでなしの怠け者と
思い込んでいるだろうよ

敵がいる?素晴らしい。
それはつまり、あなたが人生において
何かに立ち向かっているという証だ。
 ―ウィンストン・チャーチル

きっと詩人と政治家は
同じ故郷に住んでいるとしたら
戦争のことも忘れて
口喧嘩や論争に夢中になり
それはそれで人々は
安心するだろう
けれども本当は
命の大切さと故郷の平和を何より
ささやかに
祈っていると信じたい


自由詩 政治家と詩人と戦争 Copyright 竜野欠伸 2015-09-21 22:11:01
notebook Home
この文書は以下の文書グループに登録されています。
Democratic Poems