ライオネスキャンディ
yaka

会えないときに
あなたがくれた ライオネスキャンディ
ひとつぶ
そんなもので
そんなことで
会えないことになんの変わりもございませんが

あなたのお好きな ライオネスキャンディ
子供のときからあるんだよって
なぜか自慢気におしえてくれた
強烈なお名前のキャンディ

実はどうでもよかったのだけど
まあまあって言うもんだから
なんとなくポケットに放り込まれて
なんの期待もされていなかった

そのひとつぶがちょっとだけ
さみしさを
甘くしてくれた気がしてしまった
うかつにも。




2007.3.25


自由詩 ライオネスキャンディ Copyright yaka 2007-03-25 12:01:46縦
notebook Home 戻る  過去 未来