もうじき。あなたより。十年、トシ上になる。おれのほうが、大先輩だぜ。あ。ずいぶん若くして。死んだのだな。ふるさとの、丘のうえの。砂の吹きだまりに、消えた父よ。肉体がないから、いつまでも。そばにいてくれ .... とつぜん、あなたは。夜を包囲する。たえまなく、制度から。したたりおちる、血の記憶。たかが言葉に。洗脳された、わたしは。あろうことか。他人のために。愚者となって、月の街路を逃走する。



疲 ....
あなたは、君臨する。おとこの、欲望の筋肉に。旅人の、ではなく。農夫の土地に、金星の種を蒔く。収穫し、貯蔵して。子々孫々まで、支配する。



わたしの偶像、わたしの。ふくよかな、母体よ。あな ....
暗い、手の。しるべ。として。異教の言語を。抑圧された、あるいは、した。夜に。排卵する。血を争い、廃滅する。かけがえのない、すべての。些細な日常の、陥穽も。不可避に。わたしは、学習する。



 ....
難破船が、出港する。船であるからには。海が。あるからには。心優しい、友人たちよ。惜しまないでくれ。わたしは。幸福とひきかえに、世界を。手にするのだから。



棒のようなものを、ふりまわす。 ....
あなたは拾う。石を。躓いて、はじめて出血した記念に。いつか青い星の降る夜。額にのせて眠ると、夢のなかで恋が成就する。



空が割れて、水が落ちてくる。あなたはいつも、とつぜん訪れる。ウィザ ....
 わがゆく海


わがゆくかたは、月明りさし入るなべに、
さはら木は腕(かいな)だるげに伏し沈み、
赤目柏(あかめがしわ)はしのび音に葉ぞ泣きそぼち、
石楠花(しゃくなげ)は息づく深 ....
 Chanson d'automne  
    Paul Verlaine


Les sanglots longs
Des violons
 De l'automne
Blessen ....
 鉄道唱歌の旅 東海道編(http://www.youtube.com/watch?v=ea_76MOZ6vg)



 「新体詩抄」「於母影」そして「島崎藤村」の若菜集の上梓と、明治15年か ....
● MIDI「初恋」(http://hccweb1.bai.ne.jp/kakinoki/midi/midi032.html)





こゝろなきうたのしらべは
ひとふさのぶだうのご ....
 「新体詩抄」(明治15年)の序文は日本伝統の和歌や俳句からはなれ、平俗な日常語による自由詩への道をひらく契機をはらんでいたが、その実作は七五調中心の文語定型詩であった。それも作品の完成度からいうと、 ....  詩人は実のところ職業ではない。農民が作物を売って生活費を得るように、労働者が労力の対価に賃金を稼ぐように、詩を売って生活するわけではない。そんな人間は少なくとも私の周囲にはいない。どこかにいるのかも .... 噴水のそばでは
アビリティーが無効になります
仕事の話はやめましょう
大声で電話しながら歩いている人
あなたの内側を掃除したい


 2004年11月23日制作の上記「噴水の話」から、昨 ....
裸の男たちが 松明をかかげ
夜を徹して 雪の上をはしる
燃えさかるのは 暗幕に
連綿とつづく ひとすじの夢  
曙とともに 冬がおわる
ほとぼりがさめるころ 妻子の留守を
みはからって 鬼がかえってくる
おまえもおれの だいじな友だち
からだにめりこんだ 豆をほじくりだし
つまみにして 酒をのみかわす
くずれおちて 波に
さらわれても いつか きみの渚に
ながれつき たちあがる 砂の城で
愛のために そして死のために
おなじひとつの 星座をうたう
森を出て 信仰をなくした
ひとびとが むれつどって
安息の日を 消費している
ショッピング街に やおら  
慰安のような 綿雪がふる
森の夢に 迷いこんで
さむざむと 樹皮をむく
ねむっている おんなを
ゆりおこし 歳月の
しわをのばして 読みふける
若いときいちばん食べた即席麺は日清のあれではなくサンヨーのサッポロラーメン醤油味だった。
大きめの丼に粉末スープと麺をいれ刻みネギをのせスパイスをふりかけてから熱湯をたっぷり注ぎ
大学ノートで蓋を ....
座礁しながら ふっくら
帆をはり 夕波に
額をあてて うしなわれる
熱量を 愛しつづけた
おれたちの 船に
やすやすと 季節をまたぎ
人称をこえ ほんのり
羞じらいつつ 空の頂に
ほんわか 巣をかけて
すやすやと 眠りたい
む かしむ かし の し かけ 
うご き だし 崩壊 の とき  
はや まっ てい る 関節 を
分解 して 組み立てな お し
今 日はやっと さんぽ 歩いた
みえないけれど おやみなく
ふっていたのだ 透過して
つもっていたのだ 襤褸の
矜恃よ 背をこえてゆけ
あふれて 雪崩れてゆけ 
きみとぼくは いちども
会うことは ないけれど
異端の爪を みがいて
おなじ 事象の平面を
ひっかきつづける 仲間です
廃園に またひとつ
石の 虹の種をまく
ふりかえるな 
ほりかえせば たちまちに
そこで ゆめ やぶれさる
きよらかな ふゆの
卵を ひとつだけ 
孵らせる ために
些細な じぶんを
しきりに ふりおとす 
癒えるにつれて ひどく
かゆくなる 若いころの
途方もない ゆめをみて
あけがた 目をさますと
指先が 血まみれだった  
ここに 在ることの不思議
みんな 誰ともちがう
経路をたどって いまを
生きている のだから
しあわせを ひきくらべるな  
うつくしい日和に うたを
うたいながら 少女は去った
封印に 桃のくちびるを
少年の おでこに
ぺったり 貼って 
時として 人の死が
はなやいで みえる
あやうさに こころ
鎮めて 言葉だけの
せかい たちあげる
みつべえ(385)
タイトル カテゴリ Point 日付
文書グループ
☆オノマトペ用例詩集文書グループ08/9/7
☆風のオマージュ文書グループ08/9/5
投稿作品
poetarot(法王のカード)保存版自由詩314/2/2 20:23
poetarot(皇帝のカード)保存版自由詩213/8/23 21:08
poetarot(女帝のカード)保存版自由詩511/1/24 23:59
poetarot(女教皇のカード)保存版自由詩510/6/22 7:57
poetarot(魔術師のカード)保存版自由詩1410/5/23 16:02
poetarot(愚者のカード)保存版自由詩910/4/20 23:57
詩人のシノギ (薄田泣菫の巻)散文(批評 ...608/8/23 14:25
詩人のシノギ(上田 敏の巻)散文(批評 ...1008/6/21 21:44
詩人のシノギ(大和田建樹の巻)散文(批評 ...408/5/23 23:52
詩人のシノギ(島崎藤村の巻)散文(批評 ...608/5/4 15:04
詩人のシノギ(訳詩集「於母影」の巻)散文(批評 ...808/4/16 0:04
詩人のシノギ(新体詩抄の巻)散文(批評 ...1008/4/6 21:52
●そろもん(あとがき)散文(批評 ...4608/2/17 18:17
そろもん(炎の歌)自由詩208/2/14 22:39
そろもん(旬の歌)自由詩608/2/11 20:03
そろもん(絆の歌)自由詩708/2/2 20:51
そろもん(街の歌)自由詩508/1/23 20:03
そろもん(本の歌)自由詩108/1/21 20:59
そろもん(麺の歌)自由詩408/1/17 22:24
そろもん(礼の歌)自由詩408/1/16 20:44
そろもん(鶩の歌)自由詩208/1/15 18:43
そろもん(膝の歌)自由詩108/1/12 22:06
そろもん(恥の歌)自由詩108/1/6 22:42
そろもん(輩の歌)自由詩408/1/4 22:25
そろもん(庭の歌)自由詩207/12/23 21:20
そろもん(木の歌)自由詩507/12/13 22:26
そろもん(傷の歌)自由詩707/12/11 22:01
そろもん(点の歌)自由詩507/12/9 20:30
そろもん(扉の歌)自由詩407/12/6 22:25
そろもん(業の歌)自由詩207/12/4 21:48

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 
0.12sec.