星野ない夜などなくて祈ることない夜もなくて 雨、雨が降る



短冊に幼い文字は連ねられもう届かない夏の日がある



欲望と祈りの区別がつかぬまま声に出さない笹の葉、さらさら

 ....
水色の小鳥のような手紙かな


便箋の紫陽花に触れおれば雨


改行の少なきひとの笑みおもう


もうはるか遠い水無月の消印


  

【春想】


  春桜

曜の朝はゆるやかに光っている時間があって薄紅の花



  紫   

あたたかなひかりのなかで流れゆく時をからめて今日も旅行く

 ....
水鳴ハヤテ(3)
タイトル カテゴリ Point 日付
きっとたくさんの七夕があるだろうけれど短歌215/7/6 23:01
水無月の手紙俳句0+15/6/21 10:54
過去たちの春夏秋冬短歌1+15/6/21 10:29

Home
ダウンロード
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.07sec.