鳥は自由に飛ぶ
ダーザイン

鳥は自由に飛ぶ
一本の線によってへだてられた空間を
風つかいのグライダーのように滑空し
大気をはらんだ凧のように静止し
熊蜂のように羽ばたいて流れの外に飛跡を残したりして
そして時には それら小さなものたちは
烈風の中の紙吹雪のように 空間のあちらへこちらへ
ちりぢりに打ち捨てられたりもする

今日 老人ホームは海辺のさんぽ
風のつよい午後 砂粒がほほを打った
大砂塵という映画があったね どんなお話だっただろう
介護福祉の実習生が たわむれにおばあさんの足に砂をかける
どう あたたかくて気持ちいいでしょう

雲がちぎれて流れていった 砂粒が目に入る
なかば砂に埋もれかけた空き瓶の口が 風を受けてびょうびょうと鳴る
カモメはカモメ
カモメよカモメ
籠の中の鳥は いったいいつ出会うのだろう

実習の娘がおばあさんの足の上の砂を払う
ちょっと呆けたおじいさんが そのかたわらで砂をつかみ 埋め戻そうとする
まあ もう砂かけないでと彼女は笑った
帰る時間だから靴はいてバスに乗りましょう

まだ埋めてくれなくていいんだよと おばあさんも笑った

風の強い午後だった
閑散とした海辺
横たわるからだの上を 砂が流れていく
砂浜の砂の上に
打ち上げられた貝殻の曲面に
閉ざされた海の家に
置き忘れられた境界の旗の上に そして
波打ち際にたたずむ人々の上に
飛砂が 一枚の膜を作っていった

鳥は自由に飛ぶ
一本の線によってへだてられた空間を
風つかいのグライダーのように滑空し
大気をはらんだ凧のように静止し
熊蜂のように羽ばたいて流れの外に飛跡を残したりして

そして時には
砂浜の砂の中に
飛ぶ鳥の飛影が
化石していたりする


自由詩 鳥は自由に飛ぶ Copyright ダーザイン 2004-04-01 14:47:14縦
notebook Home 戻る