「  手  」 
服部 剛

夜寝る前に読書していると 
開いた本のなかから 
うっすらと光を帯びた手があらわれ 
わたしに差し出されていた 

その手を握ると 
不思議な想いが心に流れ 
明日に怯えるわたしの影は 
消えていた 





自由詩 「  手  」  Copyright 服部 剛 2006-11-20 22:17:06縦
notebook Home 戻る