教科書を、閉じる
望月 ゆき

油染みだらけの記憶のわら半紙提出期限をとうに過ぎ去り




透明なグラスの底を目にあててきみの星座を見る白昼夢




あの夏にきみが投じた問いかけのこたえをさがす 波のまにまに




教室のすみに 四月の屋上にきみの気配の消えぬ耳鳴り




不確かな明日へふたりをつなぐもの「さよなら」のそのあとの読点




魚になるにはどうしたらいいか書いてないから教科書閉じる




永遠を見つけるという宿題を永遠に続けてく覚悟で







短歌 教科書を、閉じる Copyright 望月 ゆき 2006-03-06 23:13:55縦
notebook Home