かみさまについて学んだいくつかのこと
望月 ゆき

1.

かみさまはいるよ、
って 
教えてくれた人は
もうすぐ死んでゆく人だったけど
それは黙っておいた


だって、あいしてるんだ



2.

きのう、かみさまを見かけた
高速道路を流れてくテールランプの中だった
ような気もするし、
公衆便所で流した水の中だった
かもしれない

とにかく
そんなふうに流れてくものの中に



3.

のどあめの中に、ぽつんと
気泡が入りこんでたら
そこんとこにたいてい
かみさまはいるんだ

だからって
口に放りこむ前に
いちいちたしかめたりする必要はない



4.

すべてのひとがしあわせになる
なんてことは
たぶん、ないんだろうね


かみさまだって、居場所くらい
確保しときたいだろう?



5.

かみさまは
容易に虹を渡ったりはしない
行ったり来たりしてるときは
仲直りしたいか、
おしっこしたいか、
どっちかだ



6.

うそをついたこと、知ってるのは
わたしと
あのときたまたま近くを通りかかった
かみさまだけ



7.

「かみさま(が、いるとするなら)!」
「かみさま(が、いるとするなら)!」

って、何度でもおいのりしてごらんよ

かみさまがカッコの中身まで見ていたとして
それが聞き入れられるかどうか
それはかみさまだけ知ってる



8.



星の砂を信じてる人のとなりには
かみさまがいるんだって



9.

ああ、かみさま
あなたになら理解できるだろうか
この世界に拡散する、


声なき叫び、
文字なき手紙、が



10.

だって、あいしてるんだ


そればっかりはかみさまにだってどうにもできない、
ってことがあるってこと
ちゃんと知っているなら
ちゃんと知っているから
だいじょうぶ


かみさまがいても
いなくても





自由詩 かみさまについて学んだいくつかのこと Copyright 望月 ゆき 2006-01-06 00:30:57縦
notebook Home 戻る