ポエムの国
モリマサ公

お父さんにじゅうりんされて
きもちいいとおもったことが
いちどでもあるこどもたちが
おとなになって かいた詩が
ポエムから追放されて
どこにも国がない


戦車をのりもののようにのりこなし
家族にかいた手紙たちはかぜにとばされ
そらというのはなまえのないどこかとおい場所になった


愛とか平和
狂気と平等


せかいはひかっていてじゅうなんです
わたしたちは宇宙とかかぞえてるみたいにおろか
ちへいせんにむかって
いやしいコトバとかぽいぽいなげて
よるがくるとひんやり輝く星みたいに
さみしい


自由詩 ポエムの国 Copyright モリマサ公 2005-12-01 17:34:06
notebook Home 戻る
この文書は以下の文書グループに登録されています。
トナー
日曜は父親と遊園地に行こう