恋の捨て方
恋月 ぴの

君は寝た振りが得意
わかっていてもウッカリ騙され
今朝もゴミ捨ては僕の役目


君は大人だから
分をわきまえているよね
僕はと言えば歳はくっても
燃える恋と燃えない恋の分別さえ
未だに出来なくて
君に窘められてしまう


お金は一向に貯まらないけど
恋は夜毎に溜まる


ゴミ袋一杯の恋


あの娘の何気ない仕草に
通りすがりの見知らぬ女に
勿論、君の手料理にも恋するよ


胸一杯の恋


どうして人は恋をするのだろう
心に溜まりすぎた恋は鬱陶しくて
息苦しいからポイ捨てしよう


でも取って置きの大切な恋は
君の知らない
君の気付かない
秘密の場所に隠したよ


スーツ姿で両手に提げる
燃える恋と燃えない恋
ゴミ捨ては僕の役目


自由詩 恋の捨て方 Copyright 恋月 ぴの 2005-10-04 06:28:51縦
notebook Home 戻る