修飾されない朝
たもつ


モノを置かないでください
と張り紙のあるところに
モノを置いた

そんな些細なことがきっかけで
そんな些細なことの積み重ねだったのだろう

「いつもの」
そう修飾された朝は
あっけなく崩壊する

大切な人の顔を思い出しているのに
自分の名を呼んでしまう
腹立たしさに何かを叩き壊してやりたくなったが
手に取るとどれもこれも勿体無く感じる




自由詩 修飾されない朝 Copyright たもつ 2005-09-15 08:49:16縦
notebook Home 戻る