夜になると、魚は
いとう


夜になると
魚は目を閉じて
消えていく泡の行く末を思う
消えていく
自らの姿に思いを馳せ
静かに
目を閉じている

夜になると
魚は目を閉じて
自らの見ることのなかった風景を見る
魚は野の花を知らない
魚は四つ足を知らない
木漏れ日も
雪の冷たさも
風に煽られる木のしなやかさも知らない

夜になると、魚は
えら呼吸の刹那に溢れる深海の夢を一粒
そっと放り出し
立ち昇るその姿を見つめる
尾びれも背びれも
動かすことなく
消えていくその姿に
思いを馳せて
目を閉じたまま
闇の中でもう
朝を迎えることなく




未詩・独白 夜になると、魚は Copyright いとう 2005-06-13 00:53:16縦
notebook Home 戻る