さんらー は
AB

 みんなおらっちのこと
  さんらー 
 ってよんでるけど
 おらっちはもっとちゃんとした
  せいとく
 っていうかっこいいなまえがあるのに
 でもかんじはかけないからさ
  さんらー
 でいいかあってもおもう

 とくいわざはうでずもうだったけど
 ふつうのとはちょっとちがうよ
 ぽてとちっぷすたべてたり
 こーらのんでるわかいのがいたら
 それをかけてやらないかあって
 おらっちがぐーんてうでのばすと
 むこうもまっすっぐにぎりかえして
 それでつったったままはじまるわけ
 おらっちまけなかったさ
 だって
  さんらー 
 だから

 ぽてとちっぷすはおいしかったね
 おらっちががっこういってるころなんか
 あんなもんなかったけど
 はたけのだいこんとかぬいて
 はしってにげながらたべたよ
 こーらもおいしいね
 はじめてのんだのは
 ぎぶみいこーら
 っていってもらったやつだよ
 かんじかけないけど
 えいごつかえるよ

 さけはおいしくないねえ
 でもおらっち
  さんらー
 だから
 つがれたらのむわけ
 おらっち ちからもちだから
 つがれるわけよ
 でもねおらっちほんとは
 こーらのほうが


 ゆうべさけいっぱいつがれて
 ふらふらになって
 そっこうにおちた
 あおむけっていうのか
 すぽってからだがはまって
 どうにもこうにも
 からだうごかなくて
 まあいいかって
 このままでも
 だって かえっても
  さんらー 
 ってよばれるだけだから
 
 でもさ
 そしたらさ
 よるのそらがきれいでさ
 みたことなかったからさ
 おほしさまとか
 おつきさまとかさ
 いつもしたになにかおちてないかとか
 おみせのまえでぽてとちっぷすと
 こーらをもってるおとこがいないかとか
 してたから

 とってもきれいでさ
 なみだでてたみたい
 てもうごかなくて
 ふくこともできなっかったけど
  さんらー は
 あしたのこともかんがえてなかったけど
 こうやって
 ほしみながら
 つきみながら
 しんでいくのって
 かっこいい って
 おもわないか
 かっこいいんじゃないかなあ って
 そしたらさ
 からだじゅうが ふわーって
 とけるみたいだったさ



 あさになって
 いぬがほえて
 おらっちはまだないていたかな
 おとなごろくにん
 おらっちのからだをひきあげた
 おかあ は 
 いつまでも
 こどもじゃないよっ て
 おらっちをなんかいもぶったけど
 もういたくないからねえ
 ぜんぜん
 ぜんぜんいたくないよ


 さんらー は さんらー のままさ
 しんでも
 せいとく にはなれないみたいさ



 さいきん
 わかいおとこたちのほうから
 うでずもうしかけてくるけど
 おらっちも よわくなってきたから
 ぽてとちっぷすもこーらも
 もういいよ

   もういいよ



 おかあ

 またあそこのそっこうで
 そらみてきたいんだけど
 ほんとにうごかなくなるまで
 みてきたいんだけど
 ねむってきてもいいかなあ




     


自由詩 さんらー は Copyright AB 2003-12-03 01:40:57
notebook Home 戻る