うっとり鬱で
ひだかたけし

また一夜が明け
光溢れる一日が来たよ
風はそっと穏やかだし
空はぼうと水色だし
街は花の香に包まれて
実に飄々と軽やかに
ステップ踏んで春は行く
おれはのそっと鬱だけれど
六十一回目のこの三月を
なんとか息継ぎ生きている
そうか、たった六十一回目かと
半ば呆然と気付きながら
この薄紅色の大気のなかを
うっとり鬱で泳いでいく









自由詩 うっとり鬱で Copyright ひだかたけし 2021-03-23 13:56:06縦
notebook Home 戻る