歩行
ひだかたけし

行くあても無く歩行する
真っ青な夜に靡く草原を

やがて月の照る浜辺に出る
遠く漁り火が燃えていて
忘却された団欒のようだ

月光がつくる海の道が伸び
僕は何処までも歩いていく








自由詩 歩行 Copyright ひだかたけし 2021-03-09 20:37:21縦
notebook Home 戻る