虹のかかりそうな空
小原あき

虹のかかりそうな空の
抗えない速度の下で
私は雨に濡れ
乾き
また雨に濡れる

生まれた時から
生きることを強制され
生かされ
死ぬまで生きねばならない
たとえどこかが欠けても崩壊しても

虹のかかりそうな空の
通り過ぎた跡
ぬれそぼったすすきが
項垂れて
ちらちらと揺れている



自由詩 虹のかかりそうな空 Copyright 小原あき 2020-11-09 08:25:28縦
notebook Home