けだもの・部屋
石村

  けだもの


ひとの声がする

空がなく
土もない
紙の色の月がうすく照らす
このわづかな世界に

やさしく
神々しく
いつくしみ深く
ひとの声がする

《祈りなさい》
《目覚めなさい》
《愛しなさい》

うるさい

わたしはけだものなのに



(二〇一八年十月二十三日)




  部屋


昨日まで、うつくしいひとが座つてゐた部屋です。

きちんと畳まれた制服の上にオーボエが置かれてゐます。

文机には音楽の教科書がひらかれてゐます。

床下にはきつねがうずくまつて、まだ次の曲を待つてゐます。

お母さまが入つてきました。これからお掃除です。

きれいな月の、秋の夜です。



(二〇一八年十月二十九日)






自由詩 けだもの・部屋 Copyright 石村 2018-10-29 21:10:20縦
notebook Home 戻る