にがい いたみ
田中修子

乱れ散る言葉らに真白く手まねきされる

祖母の真珠の首飾り
 記憶の そこ 瞼のうらの
  螺旋階段を 一歩ずつ 一歩ずつ くだる
   (そこで みた おそろしいことは 忘れます)
    コツ コツ コツ ルビーの靴 黄色い煉瓦をふみ
     バッヘルベルのカノン
      幾度も乱反射する
       蓮華の花言葉と 式子内親王が
        「 玉の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば 」
         (三、二、一) しろい へや
          狭い窓 夏の夕暮は大火
         赤い雲の けむに まかれた
        いちばん そこで みたはずの
       幻に 喰われた
      いますか? ここにいますか?
     あなた の そこ に います 
    道草に散らばる
   四つん這い で かかとを 鳴らす
  ランドセル
 骨 骨 骨 忘れられきった 音符たちのよう
こわれた真珠の首飾り

おひさまに近づきすぎて溶けた蠟の羽根



※るるりらさんの詩から、羽のかたちにするアイディアを拝借しました。


自由詩 にがい いたみ Copyright 田中修子 2018-08-03 15:01:32縦
notebook Home