桜と白樺
ただのみきや

盃から溢れる涙のよう
漲る色香をその身に収め切れず
こぼした花弁 拾って風は 囁くほどの足取りで

月しか知らない子どものよう
蒼白いその身を五月の光に晒しながら
淡く 萌え出る想い そっと手を添え

届けられた 薄紅の文
数えるほどの昼と夜 散り薄れ 消え往くものから
日差しを受け日増しに 濃く 強くなるものへ

風だけが言葉 風だけが囁き
風だけが抱擁だった
樹の間を渡る ひと息の風だけが

解さずに感じ 侵食し合う 願わくば
幸も不幸もひとつのことと ひと息の風と




               《桜と白樺:2018年5月2日》









自由詩 桜と白樺 Copyright ただのみきや 2018-05-02 19:45:14縦
notebook Home 戻る