幸せな光景
そらの珊瑚

透明な水槽の底
沈んで横たわる
短くなった鉛筆たち

もう手に持てないほど
小さくなってしまったから
持ち主たちが
ここに放したのだ

その体を貫く芯が
ほんのわずかになったのは
命を全うした証し

 もう何も記さない
 削られない
 尖らない
 それでも
 名前も知らないあの人の
 指の体温を
 時折思い出すことがある


自由詩 幸せな光景 Copyright そらの珊瑚 2016-12-14 12:03:10縦
notebook Home 戻る