ひとりでスケッチ
光冨郁埜

鉛筆で、ノートのページに横線を引く。
上に白い入道雲を描く。
太陽は紙の外側にある。
雲と横線の間にもう一本、水平線。
横線と横線の間にあるのは、青い海で、
白く波打つのは風があったから。
僕と白ワンピースの、小さな背中を描くと、
下の線は去年、腰掛けていた、港の岸。
青い空にゆらいでいた白いカモメも描く。
目をとじると、潮の香りと、降りだした雨。


自由詩 ひとりでスケッチ Copyright 光冨郁埜 2016-04-22 23:22:07縦
notebook Home 戻る