「想うすみれ」 2016.03(七句)
もっぷ

父さんと二歳のわたし春落ち葉


独り居が友の名を呼ぶ春の星


君宛てに投函した日しゃぼん玉


猫と居た十七年余春の川


人生の往路復路に花林檎


前髪の一ミリ思うすみれ草


   #


吾が生に菫と名づけ風の歌



俳句 「想うすみれ」 2016.03(七句) Copyright もっぷ 2016-03-17 21:16:57縦
notebook Home
この文書は以下の文書グループに登録されています。
十七文字の風景『パピエ・コレ』