第九惑星 2016
たま

知的だね、と呼ばれてみたい宇宙人明日来るかもBOSS買いに

母ひとり、具だくさん

猫の手の嘘つき

周りますとも公転周期二万年意固地すぎますプラネットナイン

破瓜を超えても月ひとつ

ホンモノの川柳が読みたい伊藤さん

アホウドリ数えても海は眠らず

往路があるとも知らず破瓜の路ゆく

会いたい人に会いたい昼下がり無印良品名も知らぬ人

父ひとり、寝袋

犬のしっぽの嘘つき

雪の峠轍消えてイタチ

雨の峠轍消えてカエル

おさむくんの漢字三画まで 一ねん二くみ小川おさむ

祝杯の神を訊ねてしめすへん口を開けて立つ女は卑弥呼

テレビもラジオも百光年は届くという寂しくはないさ第九惑星

惑星の轍刻んで太陽系

僕ひとり、蚊取り線香

アイシュタインの嘘つき












自由詩 第九惑星 2016 Copyright たま 2016-02-25 20:59:50縦
notebook Home 戻る