ウェヌス遠景
ただのみきや

ミルフィーユ仕立て高層マンション
晴れとも曇りともつかない冬ぞらに
めりこんだ白い実体は陽炎にゆれて
二十年前には無く二百年後にも無い


     むすう むすうのカゾクが
     はすう はすうのヒトリが


コドクの連綿が自動ドアをくぐりエレベーターをのぼり
くだりドアをあけてしめてとおく放物線を想いえがいて
垂直に
   らっかして―――――――――――――――――


限りなく引き伸ばされた
           露  光   速     度     


   あみあげられるいのちのまゆだまにおおわれ 
   塔はただ塔としてむすうの空白を抱いたまま  
   大河と拮抗しながら 
        ゆ っ く り と 老 い て 


   とりは およぐ


そらの底をまさぐる指のすきま から
  あふれ のがれる 濁る叫びの縫われた口  
    ありのようなじぶん 俯瞰シテイタ
       サレテモイタ 塔にはくろい眼がみちて


           てあたりしだいに潰せ 
              おまえの夜が来る前に


「しっかり打ったコンクリートは百年持ちますよ
「自然石なら数千年 ピラミッドを見てごらん


   まばたきのはばたきがとらえたえものは
   実体のある幻あるいは 実体のない現実


      美しき理想と憧れ
      ウェヌスその遠景




               《ウェヌス遠景:2016年1月9日》






自由詩 ウェヌス遠景 Copyright ただのみきや 2016-01-09 19:16:56縦
notebook Home 戻る