偏愛
そらの珊瑚

もうそろそろだと
祖母は言う
おかいこさんのからだが透けはじめると 
そのうち糸をはきだして
楕円のおうちで
別者に生まれ変わるのだと

その不思議な虫は
一日中
桑の葉を食べている
桑の葉だけを食べている
堂々と偏食している

けれど
大人はだれもそのことについて
責めてみたり
すききらいはいけません! なんて
怒ったりしないから
偏食を謳歌している

偏食を矯正されたわたしは
おそらく どこまでいっても透けない


自由詩 偏愛 Copyright そらの珊瑚 2014-10-08 17:06:07縦
notebook Home 戻る