Y.Yに告ぐ
ガリアーノ

横顔からわかる嘘睫毛を瞬かせても右手の指の動揺はごまかせない

無機質にキャミソールの下を探る指どうしてもならあたしじゃなくても

酒ならばここじゃなくても飲める夢生き急いでトばさくても

甘い声を交わした最後の最後でしたキスがどう考えてもしろい罠なのは何故

閃いた白い指いまここで披露して辱めるいくつかの思い出


短歌 Y.Yに告ぐ Copyright ガリアーノ 2014-07-04 21:08:17縦
notebook Home 戻る