金属の目録
Astra


金属の目録に眼を通した
あらゆる色彩がひび割れる時刻に
百万年かけて落下する思考の速度で

澱んだ大気の底に広がる地衣類のような
無数の金属の結晶が犇めく都市の上空から
走査電子顕微鏡の稠密な眼差しが
ヒトや獣や樹木や建物を舐め回した跡に
無感動の水位が上昇してゆく

この世界が確実に一人ぼっちなのは
そのためなのか?
 (誰の所有というわけでもなく)

あなたはそれを彫金細工に仕立て上げ
にぎやかな観光地の街頭で
晴れやかな顔をした人たちを相手に
僅かばかりの値段で売ろうというのだ
 (けれど私は雑踏を離れて……)

やがて 夜になったら
あの星の海を臨む造船所へ行こう
赤や緑やオレンジ色の光が点滅する
背の高いクレーンを見に行こう
何も書かれていない目録の
漆黒のページから零れ落ちてくる
金属たちと戯れながら



*タイトルは Fripp&Enoの『An Index Of Metals』から拝借しました。







自由詩 金属の目録 Copyright Astra 2014-02-20 20:43:57縦
notebook Home 戻る
この文書は以下の文書グループに登録されています。
プロミネンス