くちづけ
竜野欠伸

決して退屈なことではないのに
夜空の静寂は
孤独な人間の沈黙とも
全然違ったりする

恋をすることで
時間が過ぎてゆくのを忘れるとき
最近の彼女は欠伸をする
だから僕には
彼女の欠伸を食べる
習慣がある

いつも胸が
いっぱいになって
しまうけれど


自由詩 くちづけ Copyright 竜野欠伸 2013-06-14 19:55:56縦
notebook Home
この文書は以下の文書グループに登録されています。
彼女に捧げる愛と感謝の詩集