M 2012
たま



すこし太った と
しわだらけのあなたが言う

たしかに 
しわの数はへっていないけれど
わずかに 浅くはなっている
一年ぶりに 団地にUターンしたのが良かったのか
また 
独居老人になってしまったけれど

十九で双子の姉を
二十一でこのわたしを 産みおとし
二十八で夫を亡くし
それから 
ひとりで生きてきた
がまんを転がすようにして育てた息子は
ことし 五十才


年末の寒波が身にこたえたのか
ひとり暮らしの部屋はさむい と
めずらしく弱音をこぼした

あなたがいま 一緒に暮らしたいひとは
娘でもなく
息子でもなく
さきに逝ってしまった父だと 
気づいたのは つい最近のこと

おかしなめがねかけてなぁ と
息子の老眼鏡を覗いて 
くすっと、笑った

おかしかったのはめがねではなく
すっかりおいやんになってしまった 
息子の顔
それと もうひとつ
あなたが覗いたのは 
三十四で死んだ父の 初老の顔だ


母よ 
のこり少なくなった がまんを
わがままに変えてもいいから
たくましく生きてほしい

あなたがいつ逝っても 
この息子は 後悔などしない
年老いた 
父のすがたになって
あなたを 見送ってやれるのなら

ようわからん息子や と
とぼけた顔して
また 笑うかもしれないけれど
学校へ行け とは
ひと言もいわなかったあなたが
十八のわたしに
アタマとチンボは生きているうちに使え と言った
あの日から
あなたは母であることを捨てたのかもしれない

しわだらけの父になる日は
まだ とおいけれど


母よ 百まで生きてみないか











自由詩 M 2012 Copyright たま 2012-06-25 10:31:06縦
notebook Home 戻る